就職・進路

学会発表等

学会等での学生の発表
◎は発表者

2013年度

◆ 情報処理学会第76回全国大会

2014年3月11日(火)~13日(木)
場所:東京電気大学
吉田真澄教授指導

1.歩容の情報化による動きの表現 ◎井高悠斗(3年)、鈴木亮大(4年)、武藤友香(4年)
2.バーチャルスタディマップにおけるメディアの表示 ◎松本俊太郎(3年)、佐保田拓磨(4年)

2012年度

◆ 情報処理学会第75回全国大会

2013年3月6日(水)~8日(金)
場所:東北大学
吉田真澄教授指導

1.CGと実写間の質間補正における領域の対応付け ◎武藤友香(3年)、菅野智世(4年)
2.CGの立体要素の合成と見え方モデルの自動生成 ◎渡辺悠太(2年)
3.非線形な動きにおける関節とその構造の表現 ◎鈴木亮大(3年)
4.非線形な動きにおける関節とその構造の圧縮復元 ◎箕輪有希(2年)

◆ 第7回パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会

2012年11月25日(日)
場所:立正大学
垣花京子教授指導

1.統計的思考育成のためのデジタルテキストで利用可能なツールの開発 ◎野濱哲也(2年)
【新人奨励賞受賞】

2011年度

◆ 情報処理学会第74回全国大会

2011年3月6日(水)~8日(金)
場所:名古屋工業大学
吉田真澄教授指導

1.「CGによる立体の見え方モデルの自動生成」、◎立原将行(3年)、米本京介(4年)
2.「階層的な画像の圧縮復元方式と評価」、◎佐保田拓磨(2年)、米本京介(4年)
3.「行動からの動きの解析とその表現」、◎坂入圭亮(2年)、鈴木亮大(2年)

◆ 第6回パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会

2011年11月27日(日)
場所:大東文化大学
松岡東香講師指導

1.帯磁率計のドリフトノイズに関するExcelを用いた考察、◎渡辺竜毅(4年)

2010年度

◆ 情報処理学会第73回全国大会

2011年3月2日~4日
場所:東京工業大学大岡山キャンパス
吉田真澄教授指導

1.「線図形の表現と形状検索」、◎米本京介(3年)、大野正和(4年)
2.「VSMにおけるマルチメディアシステム」、◎王玉毎(2年)、菅野智世(2年)、塙亮平(2年)
3.「三点照明によるCG映像の質感評価実験」、◎塙亮平(2年)、王玉毎(2年)、菅野智世(2年)
4.「画像処理によるCG映像の質感補正方式」、◎菅野智世(2年)、塙亮平(2年)、王玉毎(2年)

◆ 計測自動制御学会ロボット・セラピー部会第6回学生研究発表会

2011年2月20日(日)
場所:拓殖大学国際教育会館
浜田利満教授指導

1.「高齢者施設におけるロボット応用の試み」、◎佐藤千久沙(4年)
2.「小児医療におけるロボットを用いたプレパレーションの試み―CT検査における心のケア―」、◎仁保真奈美(4年)

2009年度

◆ 情報処理学会創立50周年記念全国大会

2010年3月9日~11日
場所:東京大学本郷キャンパス
吉田真澄教授指導

1.「線図形の表現」◎大野正和(3年)、周小舒(3年)、内藤俊彦(4年)
2.「顔画像の特徴点による個人の識別方式」◎周小舒(3年)、大野正和(3年)、内藤俊彦(4年)

◆ 計測自動制御学会ロボット・セラピー部会第5回学生研究発表会

2010年2月21日(日)
場所:拓殖大学国際教育会館
浜田利満教授指導

1.「医療・介護におけるロボットの応用の試み―高齢者リハビリテーションと小児科病棟―」、田口美香(4年)
2.「電子カルテ分析による小児救急外来の実情調査」、土井美穂(4年)、田口美香(4年)

2008年度

◆ 情報処理学会71回全国大会

2009年3月10日~12日
場所:滋賀県草津市立命館大学
吉田真澄教授指導

1.「バーチャルスタディマップにおけるCG画像のDB化」、◎杉浦真由美(3年)、飯塚諭(3年)、内藤俊彦(3年)
2.「顔画像における部位領域の抽出」、◎内藤俊彦(3年)、飯塚諭(3年)、杉浦真由美(3年)
3.「顔画像における部位の検出」、◎飯塚諭(3年)、内藤俊彦(3年)、来栖瑛佑(3年)

◆ パーソナルコンピュータ利用技術学会 第3回全国大会

高藤清美教授指導

1.「体験を通した数体系の学習のための教材開発-電池で駆動できるn進表示温度計の開発-」、◎鈴木薫(4年)
本発表にて「パーソナルコンピュータ利用技術学会・優秀研究発表賞 受賞」)

◆ 計測自動制御学会ロボット・セラピー部会第4回学生研究発表会

2006年2月22日(日)
場所:東京家政学院大学 三番町キャンパス
浜田利満教授指導

1.「特別養護老人ホームとグループホームにおけるワーカーの比較」◎染谷香里(4年)、沼﨑理人(4年)、荒川宏典(4年)
2.「高齢者施設におけるワーカーのアクティビティ分析」◎沼﨑理人(4年) 、荒川宏典(4年)、 染谷香里(4年) 
3.「社会性向上を目的とする効果的なロボットを用いるレクリエーション」◎荒川宏典(4年)、染谷香里(4年)、沼﨑理人(4年)
4.「ロボットと人からの問いかけに対する感性の評価」 ◎谷島建人(4年)、 吉田直樹(4年)
5.「ロボット・セラピーにおける動きと音の感性効果に関する研究」 ◎吉田直樹(4年)、谷島 建人(4年)
6.「介護施設における事故データベースの研究」 ◎中川勝範(4年)、小原朋之(4年)
7.「介護施設におけるリスクマネジメントの研究」 ◎小原朋之(4年)、中川 勝範(4年)
8.「高齢者セラピーに用いられるロボットに関する調査 ~セラピーロボットの特性の比較~」 ◎張替龍貴(4年)、 蒔田倫大(4年)
9.「高齢者セラピーに用いられるロボットに関する調査 ~セラピーロボットの総合印象の比較~」、◎蒔田倫大(4年) 、張替龍貴(4年)

トップに戻る