入試案内

経済支援制度・特待生制度

入学検定料割引制度

オープンキャンパス参加者割引

オープンキャンパス参加者割引

オープンキャンパスに参加したことがある受験生は入学検定料が20,000円になります。
(通常は30,000 円)

センター試験利用入試検定料免除

センター試験利用入試検定料免除

センター試験利用入試に出願する場合は、入学検定料が15,000円で複回数(2回まで)の出願が可能です。

受験生への経済支援制度

特待生制度

対象となる入試 一般入試 推薦入試
AO入試[セミナー型]
AO入試[予備面談型/作品型]、「自己推薦型」1期~3期
大学入試センター試験利用入試
制度概要 4年間の授業料を半額免除
※ただし、学年進級時に学業成績による継続審査を行い、
学業不振と判断された場合は認定を取り消すことがあります。
採用枠 25名
対象学部・学科 経営情報学部 ビジネスデザイン学科
申込時期 願書提出の際に「入学志願票」に申込みの有無を記入すること 事前申し込み無し
審査方法 試験結果による選考
支給方法 減免相当額を予め減額して納入金を請求

経済支援制度

経済的な理由から大学進学をあきらめざるを得ない受験生のために本学への入学を希望する者を対象に入学金を免除します。

  • 免除額:入学金 200,000円
  • 採用枠:30名
  • 対象となる入試:すべての入試
  • 申請時期:出願時に「経済支援入学金免除申請書」と申請に必要な添付書類を提出
  • 審査方法:出願時に提出された申請書をもとに家計状況による審査
  • 支給方法:減免相当額を予め減額して入学時納入金を請求

納入金分納制度

経済的な理由から入学時納入金の納入が困難な受験生のために、入学時納入金を最高4回に渡って分割で納めることを認めます。

  • 対象となる入試:すべての入試
  • 申請時期:出願時に「入学時学納金分割納入申請書」(本学所定様式)と申請に必要な添付書類を提出
  • 審査方法:出願時に提出された申請書をもとに家計状況による審査
  • 制度適用時期:出願時に提出された「入学時学納金分割納入申請書」をもとに分納計画を決定

奨学生指定校推薦

本学を第一志望とし、奨学生として学校長が推薦する者で本学へ入学した者は、入学後に奨学金200,000円を支給します。

  • 奨学金支給額:200,000円
  • 採用枠:80名以内
  • 対象となる入試:奨学生指定校推薦入試
  • 支給時期:入学後(4月末日予定)
  • 審査方法:書類審査及び面接

つくばで暮らそう奨学金

つくば市で民間アパートを借りる方に毎月3万円(初年度のみ)を補助します。

  • 住宅補助費:30,000円
  • 審査あり

各種奨学金制度

成績が優秀な学生への表彰制度や経済的に修学が困難な状況にある学生が安心して勉学に専念できるようにサポート制度を整えています。

名称 対象 支給額
学校法人東京家政学院 奨学金 学業、人物ともに優れている者 100,000円
光塩会奨学金 学業、人物ともに優れている者 200,000円
学校法人東京家政学院創立90周年記念
光塩会奨学金
学業、人物ともに優れ、
かつ大学への貢献度が高い者
100,000円
学校法人東京家政学院創立90周年記念
光塩会緊急支援金
災害等の不測の事態が発生し
修学の継続が困難である者
200,000円以内
名称 種別 対象 貸与金額
日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子) 自宅通学者 54,000円/月、30,000/月から希望金額を選択
自宅外通学者 64,000円/月、30,000/月から希望金額を選択
第二種(有利子) 月3万、5万、8万、10万、12万から希望金額を選択

※日本学生支援機構奨学金には、高校在学中に大学進学時の奨学金を予約する制度がありますので、高校の先生にご相談ください。

大災害に伴う特別措置

筑波学院大学では、2018年度(平成30年度)入学試験の実施にあたり、2011年(平成23年)3月に発生した東日本大震災、2015年(平成27年)7月発生の関東・東北豪雨、2016年(平成28年)4月発生の熊本地震により被災された受験生の進学への機会を確保するため、希望者に対して次のとおり特別措置を講じ支援を行います。

対象となる入試

筑波学院大学において2017年(平成29年)4月1日から2018年(平成30年)3月31日までに実施する入学試験
(ただし、外国人留学生入試及び外国人留学生編入学試験を除く)

対象者

2011年(平成23年)3月に発生した東日本大震災、2015年(平成27年)7月発生の関東・東北豪雨、2016年(平成28年)4月発生の熊本地震に起因する災害救助法適用地域(東日本大震災は岩手県、宮城県、福島県のみ)に、志願者本人または主たる学費負担者が居住している志願者すべて。ただし、私費外国人留学生を除く。

1.入学検定料の免除【審査なし】

入学検定料を全額免除します。
【対  象】
2011年(平成23年)3月発生の東日本大震災、2015年(平成27年7月発生の関東・東北豪雨、2016年(平成28年)4月発生の熊本地震に起因する災害救助法適用地域(東日本大震災は岩手県、宮城県、福島県のみ)に、志願者本人または主たる学費負担者が居住している志願者すべて。ただし、私費外国人留学生を除く。
【申請方法】
本学所定の「入学検定料免除申請書」に必要事項を記入し、出願書類に同封してください。

2.入学金・授業料・施設設備資金の免除【審査あり】

居住影響の有無 収入影響あり(※1) 収入影響なし
居住影響あり(※2) 入学金、授業料、施設設備資金の1年分を免除 入学金の全額、授業料・施設設備資金の
2分の1を免除
住居影響なし 入学金の全額、授業料・施設設備資金の
2分の1を免除
対象としない

※1 主たる学費負担者の2016年(平成28年)の所得が被災前の所得と比べて2分の1以上の減少が認められる場合
   被災前年所得は次の年を基準とする  ●東日本大震災:平成22年度   ●関東・東北豪雨:平成26年所得

※2 主たる学費負担者の家屋等が全壊、大規模半壊、半壊している場合
   ただし、居住影響の有無、収入影響の有無に係らず主たる学費負担者の平成28年の収入が給与所得である場合は
   841万円以下、給与所得以外である場合は355万円以下とします。


【申請方法】
以下の書類を出願書類に同封してください。


【出願書類】

  • 1.特別措置申請書(本学所定様式)
  • 2.り災証明書(市区町村役場、消防署等が発行したもの)
  • 3.2015年(平成27年)の所得に関する証明書(源泉徴収票、確定申告の写し、市区町村発行の所得証明書)
  • 4.「収入影響あり」の場合は被災前年の所得がわかる書類(源泉徴収票、確定申告の写し、市区町村発行の所得証明書)
    ※熊本地震において「収入影響あり」の場合は、被災後の収入状況が証明できる書類を提出してください。
    被災後の収入状況が証明できる書類の例
    給与明細の写し、事業所が発行する事業所の休業等の状況を証明できる書類、失業等を証明できる書類(解雇通知書や離職票など)

この他、必要に応じて書類の追加提出を求める場合があります。


【審査結果】
申請書類に基づき審査を行い、結果および免除内容を合格通知とともに送付します。


【適用年度】
2018年度(平成30年度)限り

(注意)申請時に提出された書類は返却しません。また適用内容は諸般の事情により変更になる場合があります。

連絡先

筑波学院大学
〒305-0031 つくば市吾妻3丁目1番地
TEL:029-858-4811(代)
FAX:029-858-7388
入試広報グループ
TEL:029-858-4815(直)
月〜金:9:00〜17:00、土:9:00〜12:00
E-mail:nyushi@tsukuba-g.ac.jp

トップに戻る