学部紹介

グローバルコミュニケーション GLOBAL COMMUNICATIONS

「学び」のポイント

地球市民として広い視野で多文化を学ぶ

地球規模で社会をとらえ、環境や文化の保護、持続可能な社会をめざす時代です。
新時代の感覚を養いましょう。

国際コミュニケーション力を磨く

英語は国際ビジネスのコミュニケーションツールです。自分の考えを国際社会で伝えるために、まず論理的に考える力と、表現方法を学びます。

ホスピタリティ精神をビジネスに活かす

「おもてなしの心」は接遇だけではありません。異なる価値観を受け入れる広い視野と相手を尊重する心を体系的に学びます。

授業紹介

多文化社会

ビジネスがグローバル化し、国境を越えた人々の交流が活発になった現代、世界の多様な文化を知ることが適切なコミュニケーションをする上で非常に重要となっています。この授業では、世界のさまざまな文化に触れ、 それらを理解する視点を提供します。

ツーリズム

地域と世界を結ぶツーリズム(観光ビジネス)の基本はホスピタリティ=おもてなしの精神です。 この授業では交通、宿泊、旅行業の動向や観光資源の活かし方を実践的に学び、実際に旅行企画をつくり、旅程をデザイン していきます。

地域コミュニケーション

どんな地域にも解決しなければならない課題・問題があります。地域を構成する市民・行政・企業など、立場の違う人たちと、一緒に問題を解決するために実践的に動くことが大切です。自ら考え、グループで考えを深め、実際 の行動につなげましょう。

先生のご紹介

英語を使って、世界とコミュニケーション!

世界中どこへ行っても、誰とでも会話のできる人に育ってほしいと思っています。そのためには、英語でコミュニケーションできることが大事。英語を勉強するだけでなく、いろんなシチュエーションで実際に英語を使ってみましょう。自分をアピール気持ちを持って、相手を考え、言葉を選び、目や顔の表情も加えて、実践的にコミュニケーション能力を高めていきましょう。

池口 セシリア 教授

在学生の声

世界の今を学びながら、英語力アップにもチャレンジ中!

世界のいろいろな国の情勢や人々がどんなふうに暮らしているのかに関心があります。 国際協力・社会支援という授業では、東京の日本ユニセフ協会へ行って、戦地の子どもたちの現状を学びました。地雷の犠牲になったり、10歳で銃を持たされたり。そんな事実があることを知って衝撃を受けました。この大学には留学生や外国人の先生も多いので、授業外にも学べることが多く、英語力も上達したと思っています。

佐藤 弘道さん 3年生茨城県立東海高等学校出身

卒業生の声

本間 由紀子さん
ルフトハンザドイツ航空 客室乗務員

ドイツの会社で働くことは大きな挑戦でしたが、様々なことを学び、日々充実しています。

大学で旅行関係の講義を取り、航空業界に興味を持ち、海外に住んでみたい、外資系の会社に勤めてみたいと思い、今の仕事に就きました。フライト中はお客さまから旅先での思い出を伺ったり、クルーと話をしたりと楽しく仕事をしています。ベースとなるフランクフルトは、マイン川沿いに美術館が並ぶ、ゆったりした街です。 ドイツの会社でドイツ人と働くことは大きな挑戦でしたが、上司や同僚に恵まれ、様々なことを学び、日々充実しています。

大畑 貴敏さん
東日本旅客鉃道(株)

お客様一人ひとりの”いい旅”をお手伝いさせていただいております。

JR土浦駅の駅員として勤務し、6年目になりました。主な業務はお客様に列車のご案内をすることと、みどりの窓口でのさまざまな切符の発券、自動券売機での呼び出し対応などです。学生のころから接客業に就きたいと思っていましたので、まさに希望どおり。お客様からのご相談に応えるだけでなく、困っていそうな方にはこちらから話しかけます。日頃から頼られたり感謝されることが多く、やはり喜んでいただけることに一番やりがいを感じますね。駅員には、係職→指導職→主任→主務→管理者という役職があり、業務も高度化します。目標は早く昇進試験に合格して、いろいろな業務を任せてもらえる ようになることです。

グローバルコミュニケーション履修モデル

1年生は基礎学力・基礎情報処理技術を全員がしっかり習得。2年生から3年生にかけて、専門科目の中から自分の学びたいことを探します。それぞれコースの枠にとらわれず、将来に向けて専門的な知識と技術を習得することができます。4年生ではそれまでの集大成として卒業研究を行います。

目標

地域と世界をマーケットにして、コミュニケーションする手法を学び、グローバル人材になる。

卒業後の進路

●旅行会社  ●航空会社  ●ホテル・旅館業 ●観光案内業 ●NPO/NGO ●通訳 ●公務員 など

1年の科目

基礎をしっかり
●フレッシュマンセミナー ●基礎英語(会話とリーディング) ●日本語リテラシー(ディスカッションと文書作成)●情報基礎(文書処理、表計算、インターネット) ●経営と情報 ●数学 ●コンピュータ言語入門(PHP、マクロ、JAVAスクリプト) ●教養科目から選択 ●実践科目 

2年~4年の科目

専門にふれよう
●ビジネスコミュニケーション ●トラベル英語 ●旅行実務 ●観光心理学 ●国際観光政策 ●国際観光情報論 ●ホスピタリティマネジメント ●余暇とツーリズム ●エンターテイメントツーリズム ●航空ビジネス●ホテルマネジメント ●ディスカッション&プレゼンテーションスキル ●映画で英語 ●国際コミュニケーションの基礎 ●情報化とコミュニティー形成 ●現代社会と地域文化 ●世界遺産 ●国際社会と文化 ●インバウンド観光とアジア ●人間とロボット ●生活文化の変容 ●PR 広報戦略 ●国際協力・社会支援 ●トラベルジャーナリズム ●セラピー論 ●地域と大学

3年の科目

より専門を求めて
●多文化社会 ●ツーリズム ●国際コミュニケーション ●地域コミュニケーション ●コミュニティと文化 ●ロボット・セラピー

4年の科目

成果をかたちに
4年生はゼミ指導を受け、卒業研究をし、専門家を目指します。4年間で総合教養科目群から幅広く教養を身につけます。

取得できる資格

●高等学校教諭一種免許状(情報) ●学芸員 ●上級情報処理士 ●ウェブデザイン実務士 ●上級ビジネス実務士 ●上級ビジネス実務士(国際ビジネス) ●上級ビジネス実務士(サービス実務) ●観光ビジネス実務士 ●実績キャリア実務士 ●日本語教員資格

目指す資格

●マイクロソフトオフィススペシャリスト ●日商PC検定 ●ITパスポート試験 ●基本情報技術者試験 ●情報検索基礎能力試験 ●秘書検定 ●国内旅行業務取扱管理者 ●旅行地理検定 ●実用英語技能検定(英検) ●TOEIC®テスト ●観光英語検定 など

入試案内はこちら

在学生・卒業生メッセージはこちら

科目一覧はこちら

トップに戻る