学部紹介

ビジネスマネジメント BUSINESS MANAGEMENT

「学び」のポイント

経営の成功体験事例を学ぶ

国内外の企業や自治体の経営について、ケーススタディ学習から最先端のビジネスまで、経営の成功体験事例などリアルな経営学を学びます。

顧客満足をどのように達成するかを学ぶ

顧客満足の達成には、顧客ニーズの把握と迅速な対応が必要です。ビジネス社会でのサービスニーズと産業別の具体的な対応策について学びます。

ビジネスイノベーションを創造する

ケーススタディから、ビジネスの成功要因の解明とビジネスモデルの展開可能性を追求し、新たなビジネス・イノベーションの創出と事業化の方向性を検討します。

授業紹介

都市の経営

都市の基本は生活者に豊かな潤いを、企業に活動基盤と成長発展を持たらし、都市機能サービスを提供することです。価値観多様化と少子高齢化への対応、IT社会におけるビジネス展開、都市施設の整備などについて都市経営の視点から、収入の税収増減と使途の効率性を考え都市の未来を展望します。

マーケティング

マーケティングとは、企業や組織がグローバルな視野に立ち顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動と定義されています。ドラッガー、コトラーの概念から、ITを利用した顧客コミュニケーションにいたるまでさまざまなマーケティングについて学びます。

金融

(1)資金の貸し借り、(2)金融機関、特に銀行の役割、(3)資金の流れと金融市場、(4)金利と金融資産の価格、(5)金利と景気、(6)日本銀行と通貨。以上のテーマについて学習します。日常的に経済ニュースを見ることや新聞の経済産業欄を読むことも必要です。

先生のご紹介

グローバルビジネスで、活躍できる人になれ!

コンビニの新商品の置き場所から世界の金融市場まで、すべてがビジネスに関係しています。日本で仕事をしていても、外国からのお客様がたくさんいますし、海外の企業とビジネスすることも少なくありません。世界はつながっている。世界の国や経済は、互いに影響し合っています。できるだけ広く学んでほしい。そして、グローバルな視野を持って世界へ飛び出そう!

ロバート・ジュペ 教授

在学生の声

おいしいパンケーキを出す、おしゃれなカフェを開きたい。

企業経営に必要な技術やノウハウを学んでいます。実践科目でつくば青年会議所(JC)の活動に参加したのですが、メンバーは地域経済の若きリーダーたちで、社長や自営業の方々にいろいろな話が聞けて、そのすべてが刺激的でした。将来は地元でカフェを開いて、自分も経営者になりたいと思っています。料理人の父の影響で5歳から包丁を持っていましたし、料理には自信があります。起業という夢に向かって、これからまだまだたくさん勉強します。

田汲 勇人さん 4年生茨城県立磯原郷英高等学校出身

卒業生の声

和田 美樹さん
(株)筑波銀行

多くの学生が、さまざまな活動にチャレンジしている大学です。

自分の成長を実感したのは、友人と展示会を開催した時。企画から会場探し、許可申請や宣伝に至るまで、自分たちの力だけで乗り越えた経験は、多くのことを学ぶと同時に、確かな自信を得ることができました。また、さまざまな活動に携わり、多彩な方々と接する機会を持てた経験は、お客様とのコミュニケーションが必須である現在の仕事にも十分生かせていると実感しています。

佐々木 監さん
オリエンタルモーター(株)

自分の視野を広げるために、様々なことに挑戦してください。

私は精密機器を取り扱っている会社に勤めており、予算のとりまとめ業務や治具設計を担当しています。学生時代は様々な人に接する職業に就きたいと考えていました。
そこで積極的に多くの人と関わり、短期留学に参加して海外の文化や生活に触れたりしました。その経験で培ったコミュニケーションスキルや様々な角度から物事を見る力が今に活きていると感じています。筑波学院大学は「自分の学びたいこと、やりたいこと」を実現しやすい環境です。また留学生が多く、台湾の協定校へ短期研修もでき、海外を身近に感じされます。様々なことに挑戦し、自分の視野を広げ、行動力を高めていってください。

ビジネスマネジメント履修モデル

1年生は基礎学力・基礎情報処理技術を全員がしっかり習得。2年生から3年生にかけて、専門科目の中から自分の学びたいことを探します。それぞれコースの枠にとらわれず、将来に向けて専門的な知識と技術を習得することができます。4年生ではそれまでの集大成として卒業研究を行います。

目標

「ビジネスとは何か」企業の経営管理から、起業までを幅広く学び、ビジネスリーダーとなる。

卒業後の進路

●金融(銀行・証券)関係 ●商社 ●流通販売業 ●広告宣伝 ●経営コンサルタント ●公務員 など

1年の科目

基礎をしっかり
●フレッシュマンセミナー ●基礎英語(会話とリーディング)●日本語リテラシー(ディスカッションと文書作成) ●情報基礎(文書処理、表計算、インターネット) ●経営と情報 ●数学 ●コンピュータ言語入門(PHP、マクロ、JAVAスクリプト) ●教養科目から選択 ●実践科目

2年~4年の科目

専門にふれよう
●報道と取材 ●経営戦略 ●経営財務 ●経営分析 ●都市の経営 ●経営シミュレーション ●マスコミュニケーション ●流通の経済 ●経済安全保証 ●経済史 ●国際ビジネスとカントリーリスク概論 ●交通・流通史 ●e-ビジネス ●マスメディア ●メディア編集 ●マーケティング ●簿記会計 ●国際金融 ●スポーツビジネス ●国際経済 ●マクロ経済 ●ミクロ経済

3年の科目

より専門を求めて
●グローバルスタディーズ ●サービスマーケティング ●都市経済とビジネス ●国際政治経済 ●金融経済分析

4年の科目

成果をかたちに
4年生はゼミ指導を受け、卒業研究をし、専門家を目指します。4年間で総合教養科目群から幅広く教養を身につけます。

取得できる資格

●高等学校教諭一種免許状(情報) ●学芸員 ●上級情報処理士 ●ウェブデザイン実務士 ●上級ビジネス実務士 ●上級ビジネス実務士(国際ビジネス) ●上級ビジネス実務士(サービス実務) ●観光ビジネス実務士 ●実績キャリア実務士 ●日本語教員資格

目指す資格

●マイクロソフトオフィススペシャリスト ●日商PC検定 ●ITパスポート試験 ●基本情報技術者試験 ●マルチメディア検定 ●情報検索基礎能力試験 ●簿記能力検定 ●ビジネス能力検定(B検) ●ビジネス・キャリア検定 ●秘書検定 ●実用英語技能検定(英検) ●TOEIC®テスト ●数学検定 ●PRプランナー ●旅程管理主任者 ●食農検定 ●消費生活アドバイザー など

入試案内はこちら

在学生・卒業生メッセージはこちら

科目一覧はこちら

トップに戻る