大学案内

建学の精神

建学の精神

建学の精神

創立者大江スミ先生が選ばれたもので、愛と純潔の象徴であるバラの花に、次の3語の頭文字を組み合わせたものです。

大学案内

これは知識の啓発、徳性の涵養、技術の錬磨を表したもので、良き社会人・家庭人を育成することが、本学院の建学の精神であることを示しています。

創立者

本学の創立者 大江スミ先生

明治 8年宮川盛太郎の次女として長崎市に誕生
明治22年東洋英和女学校に入学
明治27年同校卒業
明治30年女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)に入学
明治34年同校卒業
沖縄高等師範学校教諭、沖縄県高等女学校教員の嘱託となる
明治35年文部省の命により家政研究の視察のため4年間英国留学
バタシー・ポリテクニック家政科に入学
明治38年同ポリテクニック卒業
私費留学生として、ベッドフォード・カレッジ衛生科で社会衛生学を学ぶ
明治39年同カレッジ卒業、帰国
明治40年女子師範学校教諭兼女子高等師範学校教授となる
大正 4年近衛師団経理部長の大江玄寿と結婚
大正12年東京都牛込区市ヶ谷富久町の自宅に家政研究所を開設
大正14年東京家政学院を開設。東京家政学院校長就任。
女子高等師範学校を退官
昭和23年逝去

エンブレムの由来

エンブレムの由来

Tsukuba Gakuin Universityのエンブレムは、頭文字の「T」をしなやかで躍動的にデザイン化しました。色は国際性を表す地球のアースブルーであり、青春の青でもある濃い青色を基調としています。建学の理念である Knowledge「知識」、Virtue「徳」、Art「技術」が基盤となり、国際化する社会に向けて経営情報の学際的な教育をうける学生が、未来に向けて飛躍する可能性を表しています。

トップに戻る