東日本大震災の特別措置

筑波学院大学では、2015年(平成27年)度入学試験の実施にあたり、2011年3月に発生した「東日本大震災」により被災された受験生の進学へ の機会を確保するため、希望者に対して次のとおり入学検定料免除や入学金・授業料・施設設備資金免除の特別措置を講じ、進学・ 修学の支援を行います。

対象となる試験

筑波学院大学において平成26年4月1日から平成27年3月31日までに実施する入学試験
(ただし、外国人留学生入試及び外国人留学生編入学試験を除く)

対象者

平成23年(2011年)3月11日に発生した東日本大震災に起因する災害救助法適用地域(東京都は除く)に、志願者または主たる学費負担者が居住している志願者[ただし、私費外国人留学生を除く]

入学検定料の免除【審査無】

入学検定料を全額免除します。
【申請方法】
「入学検定料免除申請書」を記入して出願書類に同封してください。
【注意事項】
(1)入学検定料の入金は不要です。
(2)入学志願票のD票(振込金確認票)貼付欄には何も貼らないで提出してください。

入学金・授業料・施設設備資金の免除【審査有】

家屋の被災状況並びに主たる学費負担者の収入状況の変化に応じて下表のとおり経済的支援(免除)内容を決定します。

家屋等被災状況⁄収入状況 収入喪失 収入激減 変わりなし
全壊 入学金及び授業料・施設設備
資金の1年分を免除
半壊 入学金及び授業料・施設設備
資金の1年分を免除
入学金及び授業料・施設設備
資金の2分の1を免除
入学金及び授業料・施設設備
資金の1年分を免除
一部損壊 対象としない
被害なし

【申請方法】 「特別措置申請書」を記入して、被災状況を証明する書類とともに出願書類に同封してください。

被災状況を証明する書類

被災状況 提出書類
主たる学費負担者が居住する家屋の被害 り災(被災)証明書の写し
(公的機関が発行したもので、家屋の被害状況等が証明できるもの)
主たる学費負担者が死亡、または行方不明の場合 以下のいずれかの書類を提出してください。
(1)戸籍抄本の写し(震災により死亡した旨が記載されたもの)
(2)死亡診断書または死体検案書等の写し
(3)震災により行方不明となっている旨を証明する書類
主たる学費負担者が負傷した場合 診断書の写し(医師が作成したもので傷害の状況や入院・全治に要する期間、その他負傷に関する程度が記載されたもの)
原発事故の避難指定区域居住者、
または避難指定区域から転居した者
り災(被災)証明書の写し(公的機関が発行したもので、避難指定区域居住者であることが証明できるもの)
主たる学費負担者の収入途絶、または急変 以下のいずれかの書類を提出してください。
(1)所得に関する証明書
(被災の前後の収入状況が証明できる書類(給与明細の写し等))
(2)事業所が発行する証明書
(事業所のり災証明書や休業等の状況を証明できる書類等)
(3)被災により失業等をした旨を証明できる書類
(解雇通知書や離職票、雇用保険受給資格者証の写し等)

※必要に応じて書類の追加提出を求める場合があります。

【審査結果通知】 申請書類に基づき審査を行い、結果及び免除内容を合格通知書とともに送付します。
【適正年度】2015年度(平成27年度)限り

(注意)申請時に提出された書類は返却しません。

トップに戻る