新着情報

『地域デザイン学芸員プログラム』が文科省BP認定

本学の「地域デザイン学芸員プログラム」が平成29年度文部科学省『職業実践力育成プログラム(BP)』の認定を受けました。これは、地域の文化、生活資源を付加価値化し、観光、都市デザイン、コミュニケーションの分野で新しい産業を起業したり、既存の産業をその視点から変革、創造することができる人材養成を目指したプログラムとして、文部科学省から認定を受けたものです。

これまでの博物館学芸員の養成科目を未来の視点から地域文化資源の活用と意義を学ぶミュージアム科目として編集し、企業との協働演習を組み入れた地域マーケティング、コミュニケーションデザイン、コミュニティマネジメントにかかわる発展的な演習科目を加え、社会人が受講して、現場の課題解決にいかせるような内容にしました。
学芸員資格取得者の学び直し、企業の文化事業、地域貢献分野で活躍する人材、市町村の観光分野で活躍する職員、観光関係の企業、地方の情報メディアで活躍する企業の人材、地域づくりや都市デザインの分野で活躍する人材の学び直しのプログラムも想定し、いつでも、どこでも、学びのレベルに応じて基本スキルを磨くことができ、学んだ成果を活用してコミュニケーションを図ることができる「電子学習システム」を導入するなど社会人が受講しやすい工夫もなされています。

今後は、演習形式の授業を短期集中的に実施する体制を整備していく予定です。

トップに戻る