OCP活動

オフ・キャンパス・プログラム学年報告会を開催しました

本学が推進している「つくば市をキャンパス」とした、実践型教育プログラム「オフ・キャンパス・プログラム(OCP)」の実践科目で、学生たちが行ってきた学外での社会参加活動の活動報告をする学年報告会が、2月1日行われました。

受け入れ団体の皆様、保護者の方や、多くのお客様を迎えて、1年生から3年生までの活動のうち、学内選抜された優れた活動を学生自らが紹介し、報告する会で、毎年行われています。

発表した26組が、動画や写真を取り入れたわかりやすい画面を聴衆に見せながらの力のこもったプレゼンテーションで、活動の成果を伝えようという強い意欲が感じられました。特に3年生の実践科目Cの学年報告会は、OCP外部アドバイザーをお迎えして行いました。

それぞれが取り組んできた、地元のFMラジオ局「ラヂオつくば」でのラジオ番組作成、茨城に避難している福島の子供たちを対象にした運動会イベント、石巻市葉山神社の竣工式に奉納する日本初のプロジェクションマッピングの活動、さらには株式会社みずほジャパンのタイ・バンコク直売所でのロゴマークとエコバックをデザイン・制作するなど、社会のさまざまな課題に応える多様な活動が紹介されました。

大学生ならではの、専門教育とも関連した興味深い活動の数々に、会場からも大きな拍手が寄せられました。

今回は聴衆に回った学生たちも、次年度は自分たちが壇上にいられるように、という気持ちを強く持ったことでしょう。

P1070078_web   P1070080_web

P1070006_web   P1070114_web

トップに戻る