新着情報

クラブ連合会主催「救命救急講習会」を実施しました

本学クラブ連合会主催「救命救急講習会」が実施されました。各サークル及び学生団体の代表が消防署の方々の指導の下、心肺蘇生・誤飲などの対処方法について3時間にわたり講習を受け、傷病者の発見から周囲への協力依頼、心肺蘇生、AEDの使用と一連の流れについて、いざというときに自信をもって救助にあたることができるよう、繰り返し実践練習を行いました。参加した学生からは「心臓マッサージを救急車が到着するまで1人で継続することはとても大変だ。」「声を出すことで自分も冷静になれる。また、慌てず、明確な指示が出せることは、協力者や救急車を迅速に呼ぶことができ、1分1秒を争う場合に重要なことだとわかった。」などの声が聞かれました。

講習の様子①講習の様子②講習の様子③

 

トップに戻る