OCP活動

福島ジュニアフェスティバルを開催!

7月12日(日)、本学学生と筑波大学生との共催で、東日本大震災や原発事故の影響で、福島など被災地から茨城県内に避難している子供たちのコミュニティ作りを目的に、『福島ジュニアフェスティバル』を開催しました。

当日は、宮城県や福島県から茨城県内8市町に避難されている9世帯14名のお子さん、及び14名の保護者、合計28名に参加いただきました。ダブルダッチ、ドッチビー(フリスビーを使ったドッチボール)、人間知恵の輪、など、6種目を子供達と大学生たちがチームワーク良く、楽しみました。

昼食は、協同組合ネットいばらき、いばらきコープ生活協同組合から茨城県産の高級食材を提供いただき、お腹一杯いただきました。アンケートでも、子供たち同志のコミュニティは必要で、また開催して欲しい、という意見が多数寄せられ、目的が達成できたことがうかがえました。

なお、この取り組みはNHKの密着取材を受け、特番として放送されました。

本学は、引き続き、震災復興に取り組んでまいります。

Group-photo_web   Double-dutch_web

lunch_web

トップに戻る