新着情報

緊急事態宣言発令への対応について

令和3年8月21日

学生の皆さんへ

緊急事態宣言発令への対応について

筑波学院大学学長  望月 義人
学部長  高藤 清美

昨日(8月20日)、政府は茨城県に対し緊急事態宣言を発令しました。期限は9月12日までです。本学は、大学を休校とせず、以下のとおり対応します。急速な感染拡大状況を踏まえ、今まで 以上の感染防止対策を心がけてください。

1.授業について
集中講義も含め、授業は通常通り実施します。感染が急速に拡大していることから、学長の決定により、オンライン授業の実施に切り替えることがありますので、授業運営センター、授業担当教員 の指示に従ってください。

2.追試験・再試験について
追再試も予定通りに実施します。ただし、オンライン又は課題等、別の方法に切り替えることがあります。

3.新型コロナウイルスに感染した場合などについて
新型コロナウイルスに感染した場合や濃厚接触者になった場合、または感染が疑われ大学が認めた場合(高熱が出て医師の診察を受け証明がある場合など)には、出席停止とします。
その場合は、8月13日に教務・学生支援グループから送信したメールのとおりの対応となりますので、下記メールアドレスに速やかに連絡し、指示に従ってください。

4.9月1日、2日の成績発表について
別途メールにより連絡します。

以上

【連絡先・相談窓口】
教務・学生支援グループ 
電話:029-858-4813(月~金 8:45~17:30) 
e-mail:gakumu@tsukuba-g.ac.jp

⇒「【筑波学院大学】新型コロナウイルス感染疑い 状況別フローチャート(0813)」はこちら(PDF:650KB)

トップに戻る