新着情報

茨城県学生ビジネスプランコンテストで本学が敢闘賞受賞

平成29年11月23日(木・祝日)に茨城大学で開催された「茨城県学生ビジネスプランコンテスト2017」で、筑波学院大学が敢闘賞を受賞しました。
このコンテストは、県と茨城大学が主催して大学生、高校生、中学生等からビジネスプランを募り、優れたプランを表彰するというものです。
応募総数30件の中から書類審査を通過した10件(大学7件、高校3件)が、茨城県の魅力度向上を目指した観光やブランド化、農業改革、食文化、高齢化、地域活性化などでアイデアを競いました。
コンテストは、5分間のプレゼンの後、5人の審査員による質疑応答があり、実現性や収益性、独創性の他、プレゼン自体も評価され、審査の結果、最優秀賞は茨城大学の「ドローンを用いた動画撮影による地域活性化事業」が受賞し、優秀賞(3件)に続き、本学の西村瑠夏、石塚留菜、鏡田八汐、津久井茜、久野明日輝チームがプランニングした「ふるさとの食とアートをマリアージュしたミュージアムカフェを起業する」が、敢闘賞を受賞しました。
このプランは、既に食のプロジェクトとして稼働しており実現性が高く、つくば駅周辺の活性化に貢献して欲しいという審査員からのコメントもありました。
アイデアを出し合った学生達は、審査後に情報交換を行い、次なるビジネスプランが芽吹いていました。

トップに戻る