新着情報

お兄さんに続く。大野光久さん茨城大学大学院合格!

吉田眞澄教授のもとで大学院進学を目指して勉強している大野光久さんが、昨年の沼田祐希さんに続いて合格しました。同大学院には多くの卒業生が進学しており、本学3期生の大野さんのお兄さんを含めて7人目になります。
大野さんは情報関連の専門学校を卒業して、本学に3年次編入しました。より高度な情報技術を身に着けて、お兄さんと同様に大学院に進学するという決心をしたからです。本学に対する本人および保護者の絶大な信頼のもとでの入学であり、さっそく吉田教授の指導する大学院進学英才教育メンバーとして行動するようになりました。
3年次編入でしたので時間との戦いとなり、何度も挫折しそうになりましたが、“自分を信じて、明るく前向きに取り組む”という姿勢を保ち続け、難関を突破しました。入学当初から講義形式の専門知識の習得や輪講による新技術の学習、そして研究などすべての時間を勉学にあてました。特に研究は沼田さんや下級生の支援を受けながら、今春の情報処理学会で「VSMにおけるバーチャルツアー方式」に関する研究成果を発表し、それをもとにして大学院の推薦入試に合格しました。
吉田教授は「短期間での成果が求められるプレッシャーの中で、大野君自身の明るく挑戦する気質、そして何といっても保護者の本学に対する全幅の信頼が実を結んだ。実はお兄さんも他大学からの3年次編入で、兄弟そろって同じ道を進めることに、本学との強い縁を感じる」と述べています。

合格通知書とお守りを持って喜ぶ大野さん

トップに戻る