OCP活動

OCP報告 Vol.262 OCP学生スタッフになって初めての活動

OCP学生スタッフ ビジネスデザイン学科1年 蒲生 実紅

7月23日に行われた「世界のつくばで盆踊り(通称:せかぼん)」に参加しました。OCP学生スタッフとして、初めてこのような活動に参加し、分からないことが多かったのですが、先輩方が計画していた企画を手伝う形で参加しました。

私たちは、牛乳パックに絵を貼り、水鉄砲でその的に当てる射的のようなイベントを行いました。イベントが始まる前に水鉄砲で試し射ちをし、子供が撃ってみて倒れるかどうか試してみたところ、牛乳パック1本だとなかなか倒れない事が分かり、先輩と話して上の三角の部分を切り、中を空洞にした長方形にしたところ倒れやすくなり、子供でも倒せるようになりました。また、バケツを用意し水を汲みに行く時間を短縮する、的を撃つ位置の調整、水鉄砲の不具合を見つけるなど準備をし、イベントが始まりました。

開始当初は制限時間を設けず、倒れるまで撃つルールでやっていたのですが、途中から2人でもできるよう水鉄砲を2つにして制限時間を設け、1人30秒、2人組だと15秒で撃つルールに変え、大人から子供までより楽しめように工夫をしました。多くの人が射的を楽しんでくれたのですが、私は水と空気を入れる作業をやっており、そこで予想以上に手間取ってしまったために、水鉄砲の数が少なく、効率よく回らなかったところが反省すべき点だと感じました。しかし、並んで待っているお客さんを見て少しでも早く水鉄砲を用意し、楽しんでもらいたいと思い作業をしました。

私は最後までお手伝いをできなかったのですが、後で500人もの人が射的を楽しんでくれたと聞き、自分も最後までイベントに関わりたかったと思いました。「せかぼん」に参加して、イベントに参加している楽しさや何か1つのものを集団でやり成し遂げる体験ができて本当に良かったと思います。来年こそは最後までいたいです。この企画に参加させてくれた先輩にも感謝しています。

(2016年9月12日常陽新聞掲載)

20160912常陽新聞写真(世界のつくばで盆踊り)

 

トップに戻る