OCP活動

OCP活動報告 vol.123 運営する楽しさ、達成感、準備の大切さ

運営する楽しさ、達成感、準備の大切さ

経営情報学科3年 鈴木亨併

私は昨年12月に実施された「ランタンアート2012」というイベントに、運営スタッフとして参加しました。
ランタンアートは、多くの方々が参加してペットボトルでランタンを作り、つくばセンター地区に飾ることによって地区周辺の人々を結びつけ、地域を活性化させるという目的で行われています。ランタンはペットボトルで簡単に作れるもので、手描きのカバーをかけます。
8 月下旬から12月にかけて、つくばセンター広場を通る方々にランタンのカバーに絵を自由に描いていただく場所を設置するなど、イベントの準備を行いまし た。当日は、たくさんの方々が訪れてくださって大変盛り上がり、「ランタンアートはセンター地区の活性化に大きく貢献している」と実感しました。
活 動を始めるに当たって、「イベントを運営する立場での楽しさや大変さを知り、そこから何かを得る」という目標を立てたのですが、今回の活動から得られたこ とは三つありました。一つ目は、自分達が頑張ったことで、ランタンアートを見に来てくださった方々が「綺麗だね」「すごいね」と喜んでくださり、その様子 を見て私たちまで嬉しい気持ちになれたことで、イベントを運営する立場での楽しさを発見できました。二つ目に、目標を達成したときの達成感です。暑い中や 寒い中での活動、面倒な活動でも、スタッフが一丸となって目標に向けて頑張り、その目標を達成したときの達成感は、素晴らしいものだと感じました。三つ目 は、反省すべきことで、「何かを成功させるには、前もってきちんと準備をしていくことが重要」という大切なことを改めて認識しました。ランタンアートを見 に来てくださった方に「点灯式は何時からやるのか」、「展示場所はどこなのか」などと聞かれた際に、事前の確認を怠っていたために返答に困ることがありま した。渡された資料や当日に変更になった事などをしっかりと確認しておくべきだったと痛感しました。
今回の活動を通して得ることのできた、運営する立場での楽しさ、目標を達成したときの達成感、事前の準備の大切さ。これら三つのことは、社会に出て行くときに必要なことだと考えますので、これからの人生に役立てていきたいと思います。

※昨年の8月から12月に掛けて、学生が「つくばセンター地区活性化協議会」(つくば市)で活動してきました。

ランタンアートの様子

ランタンアートの様子

トップに戻る