OCP活動

OCP活動報告 Vol.153 何事にも意義をもって

経営情報学科3年 香取 茜

私は、昨年、「NPO法人つくばアーバンガーデニング」(TUG)の活動に参加しました。TUGはつくば市を中心に活動し、つくば駅出入口付近のウッドプランターや、松見公園に隣接する「紡ぎの庭」などで地元市民の方々に協力を仰ぎながら花の手入れ作業を行ない、つくば市を「花のある街」へと育てることを活動目標としています。

そのTUGで、事務所のブログ更新作業のお手伝いをすることによりWEBデザインの知識や技術を身につけることと、花の手入れ作業で地元住民の方々と交流することによりコミュニケーション能力を向上させることを目指して、私は今回の活動に参加しました。

ブログの更新作業では、TUGの活動を紹介する写真に簡単な説明文を添えてブログを作成し、花の手入れ作業では、主にTUGのスタッフやお手伝いに来られたご年配の方々と協力して花や枝の剪定をしたり体裁を整えたりして、戸外で作業する気持ちのよさを体験しました。

とりわけ、私はブログの更新作業に多く携わらせていただきましたが作業はごく簡単なもので、残念ながら自分自身のスキルアップには繋がらないと感じました。しかし、このままで活動を終わらせたくないと思い、この活動から自分の糧になるものをどのように引き出せるかを模索しながら作業を続けました。そこで、誰に何を伝えたいのかを絶えず念頭に置き、そのためには、説明文の長さやわかりやすさ、画像の大きさや位置などをどのように工夫すればよいかを常に考えながら作業するようにしました。

WEBデザインの知識や技術の向上という当初の目的は十分に達成できたとは言えませんが、途中で今回の経験をいかに活かすかと考え方を改め、むしろ、何事にも意義をもって積極的に取り組む姿勢の大切さを身につけることができたと思います。これは今後の生活にも大いに役立つ姿勢で、それを学ぶきっかけとなったことでも、今回の活動は私にとって意義あるものになったと実感しています。

※昨年の6月から12月にかけて学生が「NPO法人つくばアーバンガーデニング」(つくば市)の活動に参加してきました。

団体での活動報告をブログにアップしていました

団体での活動報告をブログにアップしていました

 

トップに戻る