OCP活動

OCP活動報告 Vol.197 企業の社会貢献を学ぶ

経営情報学科3年 上田 聖

昨年の秋、つくば市に本社を置く「株式会社カスミ」が実施した事業に、学生スタッフとして私は友人と二人で参加しました。私たちが参加したのは「『わたしの企画』応援します!」と「つくばマラソン」で、「わたしの企画」とは、一般の方々から企画を募り、その中から選考された企画をカスミ本社の社屋で実施する、という事業です。

「株式会社カスミ」は住民が身近で日常的に利用するスーパーマーケットですが、私はそこを買い物のために利用する店舗という漠然とした認識しか持たず、その業務全体や地域貢献活動について、詳しいことを何も知りませんでした。そこでスタッフとしてその事業の一端を実際に体験することで、「カスミ」という企業のあり方について詳しく知りたいと思い、今回の活動に参加しました。

「わたしの企画」では、運営スタッフの一員として、主に来場者の受付や誘導、会場の設営や撤収を担当しました。「木の声を聞こう~木削りと自然音の共鳴~」という企画では、来場してくださった方々と木を磨いたり削ったりしながら仕上げた作品の自然音楽を聞きました。「ママブラスblancoと親子で音楽あそび」という企画では、1000人以上の方々に来場していただき、大勢の親子とともに、舞神ソーランドラゴンさんのパフォーマンス、フリーアナウンサーの鈴木もえみさんによる「白雪姫」などのお話、ママブラスblancoさんによる演奏を聞きました。

イベントの主役は地域のお客様たちで、「カスミ」のスタッフや私たちはあくまでイベントを陰で後押しする黒子に徹し、企画した方々がどのような方針や目的でそのイベントを立ち上げたのかを理解した上で、お手伝いすることが求められました。常にお客様の立場を考え行動することで得られる企業と顧客の信頼関係を、この活動で勉強させていただきました。裏方として地域を支えることが、どのようなことかも改めて考える機会を得ました。

(2015年5月4日常陽新聞掲載)

2014年の10月から11月にかけて株式会社カスミ(茨城県つくば市)の事業にスタッフとして参加しました

2014年の10月から11月にかけて株式会社カスミ(茨城県つくば市)の事業にスタッフとして参加しました

 

トップに戻る