OCP活動

OCP活動報告 Vol.224 一回遊べばみんな友達

経営情報学科2年 小倉 海界征

私は今年の夏休みに「NPO法人ままとーん」で育児サポートを行いました。活動を通じて痛感したのは、人と関わることの大変さと素晴らしさです。

初めて会う人同士が互いを知り、赤の他人ではなくなっていくのは、難しいことです。私も活動当初は何をしたらよいのか分からず、ぎこちない時間を過ごしてしまいました。しかし苦労が大きかった分、学んだことも大きかったと思います。

まず多くの子どもたちと遊ぶのが初めてで、疲労を感じつつも、活動が終わるたびに大きな達成感が得られました。子どもたちに「お兄ちゃん遊ぼう」と言われた時の喜びは忘れられません。また、「ままとーん」では、幼稚園や保育園のように子供たちが年齢でグループ分けされず、年長者が年下の子の面倒を見たり、みんなで仲よく遊んだりする光景がいつも見られ、それが新鮮でした。

時には子どもたち同士のケンカや、お腹が空いて泣く、ぐずるなど様々なトラブルも起きました。しかしお母さんたちは、それを当たり前のこととして、難なく解決していました。やはり「母は強し」と実感しました。

また、お母さん方と話す機会があり、家事と育児の両立について様々な悩みや不安を抱いていることが分かりました。初めての赤ちゃんでどう育てるのか分からない、男の子を育てた経験はあるけれど女の子は初めてでどうしたらいいのか分からない、という戸惑いや、家庭での不満など、悩みを抱えていない方は誰一人いませんでした。そんなお母さんたちにとって、「ままとーん」は悩める者同士の交流の場であり安らぎの場ともなっていました。悩みをお母さん一人が抱えるのではなく、周囲のみんなで支えあうことの大切さを知り、自分が家庭を築くときに「ままとーん」で学んだことを生かしていこうと思っています。

人と関わることを恐れずに、今後も社会活動にどんどん挑戦し、人間としてもっと大きく成長していきたいと願っています。

NPO法人ままとーん(茨城県つくば市)で活動しました

NPO法人ままとーん(茨城県つくば市)で活動しました

(2015年11月16日常陽新聞掲載)

トップに戻る