OCP活動

OCP活動報告 Vol.229 おもちゃを通じて人と触れ合う

経営情報学科2年 フ ショウリュウ

私は今年「おもちゃライブラリーさくらんぼ」の活動に参加しました。主に担当したのは、おもちゃの修理です。

私は中国から来た留学生です。私が小さい頃は今よりおもちゃが高く、好きなおもちゃが買えませんでした。おもちゃといえば、近所の方から譲ってもらったり、正月や誕生日など特別な日にだけもらえる物でした。そんな大事なおもちゃも使っているうちにどうしても壊れてしまい、よく悲しい思いをしました。そのような時に自分で直していたこともあっておもちゃの修理に興味があり、この活動に参加することにしたのです。

修理の仕方を教えてくださったスタッフの方々は、ほぼ全員が年上でした。私には日本語がまだ難しく、日本人との会話やコミュニケーションが心配で最初は緊張していましたが、皆さんがとても優しくしてくださったので気づいたら緊張感もほとんどなくなり、おもちゃの修理に集中できました。

活動中はおもちゃの修理をするだけでなく、おもちゃを持ってきた子供たちに簡単な修理の仕方を教えてあげたり、一緒に遊んだりしました。子供と遊びながらおもちゃの大切さを伝えたかったのですが、私が内向的な性格であるためにあまり子供たちとコミュニケーションがとれず、少し残念でした。

しかし、年上の方々とのコミュニケーションはたくさんできたと思います。おもちゃの修理についていろいろと教えていただき、おもちゃを修理しながらニュースや日常生活、学校などに関する話をたくさんしました。休憩時間にも果物やお菓子などをいただきながらいろいろと話しました。このことは、普段あまり日本人とのコミュニケーションの機会が多くない私にとってよい経験となりました。

今回の活動を通じて、おもちゃの修理や日本人とのコミュニケーションを体験し、多くのことを学びました。活動を支えてくださった皆さんにとても感謝しています。

おもちゃライブラリーさくらんぼ(茨城県つくば市)で活動を行いました

おもちゃライブラリーさくらんぼ(茨城県つくば市)で活動を行いました

(2015年12月28日常陽新聞掲載)

トップに戻る