OCP活動

OCP活動報告 Vol.232 「一生懸命」の素晴らしさ

経営情報学科1年 渡邉 剛史

私は、11月22日(日)につくば市で行われた「第35回つくばマラソン」で、給水サポートの活動を行いました。給水サポートとは、コース上に給水スペースを設けランナー達に水を配ることで、2つの任務がありました。1つ目は、水を入れた紙コップをランナー達が取りやすいように並べる作業、2つ目は、あらかじめバケツいっぱいに汲んでおいた水を紙コップに入れる作業です。私は他のメンバーと交代でこの2つの作業を行いました。

特に大変だったのは、紙コップに水を入れる作業です。まだランナーがバラバラに来る場合はよいのですが、一団となって来る場合は、水を入れた紙コップが瞬く間に無くなっていくので急いで新しい紙コップに水を入れなくてはならず、とても大変でした。しかしそれでも周りのメンバーと連携しながら、最初から最後まで気を抜かずしっかりと責任を持って作業することができました。

この活動を通して感じたことは、一つのことに一生懸命になるということはとても素晴らしい、ということです。今回給水サポートをしながら、マラソンに参加しているランナー達を初めて間近で見たわけですが、皆さんがゴールを目指して一生懸命走っている姿がとても印象的でした。その姿を見て、自分は今までこんなふうに何かに一生懸命になったことがあるだろうか、と我が身を振り返ると同時に、彼らを羨ましく思いました。そして、自分もこのマラソンで走っていたランナーのように何か一生懸命になれることを見つけて、それをひたすらに頑張ってみたいと思うようになりました。

私はこれまでこのような地域のイベントや運営スタッフの活動などに参加した経験があまりありません。しかし、今回の活動によって何か目標を見つけようという意欲も湧き、周りの人達と一緒に作業する大切さも学ぶことができました。この活動に参加して本当に良かったと思います。

第35回つくばマラソンに運営スタッフとして参加しました

第35回つくばマラソンに運営スタッフとして参加しました

(2016年2月8日常陽新聞掲載)

トップに戻る