OCP活動

OCP活動報告 Vol.233 自分の社会参加活動を振り返って

OCP推進委員長 金久保 紀子

2月1日、1年生から3年生まで、それぞれがオフ・キャンパス・プログラムとして取り組んできた学外の活動を報告する「学年報告会」が開催されました。学生を受け入れてくださった団体、また外部アドバイザーの皆様、さらには保護者の方々も迎えて、学内選抜された優れた活動を、学生自らが紹介し、報告する年に一度の大事な報告会です。

報告した学生にとっては、動画や写真を取り入れたわかりやすい画面を聴衆に見せながら、自らの活動の報告をすることで、自分の活動が社会の中でもつ意義や自分が得た経験を振り返る大変よい機会となっています。特に3年生の報告には、アドバイザーの皆様から質疑やコメントが多く寄せられ、刺激的な時間となりました。

一方で、報告はしなかったものの、その場で聞いていた同学年の学生たちにとっても得られることが多い報告会となっていると感じています。スーツを着て緊張した面持ちで報告に向かう友人の姿を見て、それを応援したい気持ちと羨む気持ちを表情に浮かべ、また1年上の学生の報告から来年度に取り組みたい活動のイメージを膨らませることもできる貴重な時間でした。

3年生は今年度、多様な活動に取り組みました。地元のFMラジオ局「ラヂオつくば」でのラジオ番組作成、茨城に避難している福島の子供たちを対象にした運動会イベント、石巻市葉山神社の竣工式に奉納する日本初のプロジェクションマッピングの制作活動、さらには株式会社みずほジャパンのタイ・バンコク直売所でのロゴマークとエコバックをデザイン・制作するなど、社会のさまざまな課題に応える活動が紹介されました。3年生ならではの、本学の専門教育とも関連した興味深い活動の数々に、会場からも大きな拍手が寄せられました。

OCPは今年度で11年目ですが、これまで学生を10年もの中長期受け入れてくださった受入団体に感謝状を贈りました。「認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会」「リサイクルを推進する会」の皆さま、あらためてお礼を申し上げます。

2016年2月1日にOCP学年報告会を行いました

2016年2月1日にOCP学年報告会を行いました

(2016年2月15日常陽新聞掲載)

トップに戻る