OCP活動

OCP学年報告会と第19回OCPアドバイザー会議を同時開催

2月2日(月)本学にて、1年間のオフ・キャンパス・プログラム(OCP)の活動の締めくくりとして、代表者によるOCP学年報告会と第19回OCPアドバイザー会議を同時開催し、合計25組が報告しました。

1年生は留学生を含め、13組がそれぞれの活動の概要や特徴、自分たちの身に付けた力、などについて報告を行いました。
2年生は8組が、OCPアドバイザー会議では、2・3年生の4組が、受入団体や教育機関の方などを招待し、公開で報告を行いました。研究学園駅前のイルミネーション製作、つくばセンター広場でのイルミネーションイベント、花の種のパッケージデザイン、終戦70年を節目とした戦争演劇製作など、多様な活動報告がありました。

OCPアドバイザー会議の報告では、60時間を超える企画立案をした、アートタウンつくばでのプロジェクトマネジメント、つくばでの物語観光を目的とした演劇、セグウェイと超小型モビリティを活用した児童・生徒の見守り活動、釜山女子大学研修などについて、アイディアなども交え、報告を行いました。
外部のアドバイザーの皆さまからも、熱心に質問をいただくと共に、学生たちへの励ましとお褒めのお言葉をいただきました。

また、今年度のOCP奨励賞には、以下の4名(組)が選ばれました。
おめでとうございます!

1.実践科目B(2年生) 末永夏己、前嶋晃子(NPO法人つくばアーバンガーデニング)
2.実践科目B(2・3年生) 栗田澪、小島健史、松村秀昭(プロジェクト茨城(筑波海軍航空隊記念館))
3.実践科目C(3年生) 高安雅和(スマイルアップ推進委員会)
4.実践科目C(3年生) 太田あかり(釜山女子大学研修、OCP学生スタッフ活動)

1年生発表者の集合写真_web   OCP報告会兼アドバイザー会議での発表の様子_web

実践科目B(2年生)でのOCP奨励賞受賞者_web2   OCP報告会発表者とアドバイザーとの記念撮影_web

トップに戻る